手術案内

胸腔鏡手術装置

胸腔鏡手術とは全身麻酔下、細長い円筒状のビデオカメラや鉗子類を胸腔に挿入して行なう手術です。気胸や肺の組織検査、縦隔腫瘍等を対象疾患としています。従来の大きく開胸する手術よりも体に対するダメージの少ない手術方法で、多くの場合入院期間が短縮します。当院では、KarlStorz社製の胸腔鏡を設置し、手術を行なっています。

腹腔鏡手術装置

胆嚢内結石の手術は腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術を第一選択にしています。腹腔鏡下胆嚢摘出術は、術後の痛みも少なく、手術創も小さく美容面からも優れた方法です。

社会福祉法人 京都博愛会 施設紹介