検査案内

エコー(超音波検査)

アロカ社製カラードップラー(SSD-4000)を装備し、上下腹部エコー・循環器エコーなどの検査エコーのほか、肝臓癌に対するエタノール注入療法(PEIT)・閉塞性黄疸に対する減黄術(PTCD)などエコーを用いた治療も多数症例に行っています。

上部・下部消化管および胆嚢・膵臓の内視鏡検査と内視鏡下手術

内視鏡機器はオリンパス社製品を設置し、本体はLUCERA、電子スコープは260シリーズを使用しております。また、上部消化管に対しては2チャンネルスコープも装備しています。

 

電気焼灼装置としてはERBE VIO 300Dを採用し、消化管出血(潰瘍・静脈瘤等)に対する止血術、ポリペクトミー・粘膜切除術、内視鏡的十二指腸乳頭括約筋切開術〔EST〕、胆管結石除去術、閉塞性黄疸に対する治療、さらに経皮内視鏡的胃瘻造設〔PEG〕も数多く行っております。

 

電子スコープ(気管支用)

オリンパス社製BF200シリーズのファイバースコープを設置し肺炎の細菌学的診断・治療・自己免疫性肺病変の診断、肺癌の細胞病理学的診断、窒息に至る気道狭窄病変の診断・治療を行なっております。

社会福祉法人 京都博愛会 施設紹介
  • 社会福祉法人 京都博愛病院 HOME
  • 冨田病院
  • 訪問看護ステーション はくあい
  • デイケアセンター とみた