放射線科

Aquilion RX(16列マルチスライスCT)

2011年2月より東芝AquilionRX(16列マルチスライスCT)が導入されました。最高0.5mm×16、回転速度0.5秒/回で非常に高精度の画質で検査することができるだけでなく、X線の被ばく線量も自動で低減される機能を備えています。画像データを再構成することにより自由な方向から人体を観察したり、3D画像を作成することによってより正確な画像診断に有用です。
(心臓検査非対応)

MRI(磁気共鳴画像検査)1.5T

MRI(Magnetic Resonanse Imaging)磁気共鳴画像検査とは、X線CT検査のように放射線を使うことなく、その代わりに強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。体内の水素原子が持つ弱い磁気を、強力な磁場でゆさぶり、原子の状態を画像にします。体内の様々な病巣を発見することができる有益な検査ですが、閉所恐怖症、ペースメーカーなど体内に金属が入っている方は、出来ない場合が有りますのでご相談ください。急性期脳梗塞などの診断には無くてはならない装置であり、造影剤を使用しなくても、血管の情報が得られるなど、沢山のメリットがあります。病態の急変時などでも、CT検査とMRI検査を組み合わせる事で、精度の高い、有益な検査を患者さまに提供することができます。
(心臓検査非対応)


頭部MRI

頭部MRA

MRCP

膝関節MRI

デジタルX線TVシステム

当院では、2013年1月より東芝メディカル社製X線TVシステム「ZEXIRA FPD」が稼働いたしました。
この機種では、17インチ角の平面検出器(Flat Panel Detector:FPD)を組合せることで大視野を確保し、患者様の頭足方向および左右方向の広い透視撮影範囲と合わせ、ほぼ全身の撮影が可能です。その他に、水平時の寝台高さを48cmまで下降することができますので、検査室に歩いて来られない患者様などを優しくサポートし、またストレッチャーからの患者様の乗せかえも容易で、介添えの方の負担も軽減することができます。透視画像も以前の機種では見えにくかった細部までも見え、胃透視・大腸透視は勿論、胆道系の検査に留まらず小さいステント等も大変確認し易く、治療に活かせる様になりました。

外科用X線TV装置

整形外科等の透視下での手術や手術中の造影検査が可能です。平成26年度に購入したGE社製 Cアーム装置は、高画質であり、小さな病変も見逃しません。
スピーディーで正確な手術や検査を可能にしています。

骨密度測定装置

近年長寿命化への取り組みにより日本人の平均年齢は上昇しています。それに伴い骨粗鬆症が問題となっています。骨粗鬆症では正確な診断・投薬に伴う効果判定が非常に重要です。そのためX線骨密度測定装置には正確な情報が求められます。
当院では、2018年1月よりX線骨密度測定装置ALPHYS A(日立製作所製)を導入しました。この機種では、高精度な位置認識・検出、正確な位置再現性、高速測定(当院の旧測定器より1/20の時間)を可能としています。臨床現場において価値の高い診断情報を提供できます。

社会福祉法人 京都博愛会 施設紹介
  • 社会福祉法人 京都博愛病院 HOME
  • 冨田病院
  • 訪問看護ステーション はくあい
  • デイケアセンター とみた