運営規程について

HOME > 訪問看護ステーションはくあいトップ >  運営規程について

「訪問看護ステーションはくあい」運営規程

(事業の目的)
第1条 社会福祉法人京都博愛会訪問看護ステーションはくあいが行う訪問看護の事業は、高齢者が要介護状態又は要支援状態となった場合においても、その療養生活を支援し、心身の機能の維持回復を目指すことにより、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように、医療保険各法(指定訪問看護)及び介護保険法の趣旨に従って支援することを目的とする。

(運営の方針)
第2条 運営の方針は、次に掲げるところによるものとする。

(1)訪問看護は、利用者の要介護状態の軽減若しくは悪化の防止又は要介護状態となることの予防に資するよう、療養上の目標を設定し、計画的に行うものとする。
(2)自らその提供する訪問看護の質の評価を行い、常にその改善を図るものとする。
(3)訪問看護の提供に当たっては、主治の医師との密接な連携及び訪問看護計画に基づき、利用者の心身機能の維持回復を図るよう妥当適切に行う。
(4)訪問看護の提供に当たっては、懇切丁寧に行うことを旨とし、利用者又はその家族に対し、療養上の必要な事項について、理解しやすいように指導又は説明を行う。
(5)訪問看護の提供に当たっては、医学の進歩に対応し、適切な看護技術をもって行う。
(6)常に利用者の病状、心身の状況及びその置かれている環境等の的確な把握に努め、利用者又はその家族に対し、適切な相談及び助言を行う。

(事業所の名称及び所在地)
第3条 この事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。

(1)名 称 社会福祉法人京都博愛会 訪問看護ステーションはくあい
(2)所在地 京都市北区上賀茂ケシ山1

(従業者の職種、員数及び職務の内容)
第4条 この事業所に勤務する従業者の職種、員数及び職務の内容は、次のとおりとする。

(1)管理者 看護師 1名
(2)看護師 常勤5名(うち常勤1名は管理者と兼務) 看護職員は、訪問看護計画書及び訪問看護報告書を作成し、訪問看護の提供に当たる。

(営業日及び営業時間)
第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。

(1) 営業日 月曜日から土曜日までとする。ただし、祝日、国民の休日及び12月30日から1月3日までを除く。
(2)営業時間 平 日 午前8時30分から午後5時までとする。(ただし、途中1時間の休憩時間があります。) 土曜日 午前8時30分から午後12時30分までとする。
(3)電話等により、24時間常時対応が可能な体制とする。

(訪問看護の内容)
第6条 訪問看護の内容は、次のとおりとする。

(1)病状・障害の観察
(2)清拭・洗髪等による清潔の保持
(3)食事および排泄等日常生活の世話
(4)褥創の予防・処置
(5)リハビリテーション
(6)痴呆症患者の看護
(7)療養生活や介護方法の指導
(8)カテーテル等の管理
(9)その他医師の指示による医療処置
(10)緊急時訪問看護
(11)特別管理体制
(12)ターミナルケア加算

(通常の事業の実施地域)
第7条 通常の事業の実施地域は、京都市北区・左京区・上京区・中京区・下京区とする。

(利用料その他の費用の額)
第8条

  1. 指定訪問看護を提供した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとする。介護保険法に基づく訪問看護を提供した場合の利用料の額は、原則介護報酬に規定された額とする。
  2. 交通費については、介護保険法における訪問では無料とする。

(緊急時等における対応方法)
第9条

  1. 看護職員は、訪問看護を実施中に、利用者の病状に急変、その他緊急事態が生じたときは、必要に応じて臨時応急の手当を行うとともに、速やかに主治医に連絡し、適切な処置を行うこととする。
  2. 看護職員が前項について、然るべき処置をした場合は、すみやかに管理者及び主治医に報告する。

(その他運営に関する重要事項)
第10条

  1. 社会的使命を十分認識し、職員の資質向上を図るため研究・研修の機会を設け、また業務体制を整備する。
  2. 従業者は正当な理由なく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。
  3. 従業者であった者が、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らすことがないよう、従業者でなくなった後においてもこれらの者の秘密を保持するべき旨を従業者との雇用契約の内容とする。
  4. 個人情報の取り扱いについては、京都博愛会病院のプライバシー保護に関する基本理念に従い、京都博愛会病院「院内規則」及び「個人情報の保護に関する法律」、「同施行令」、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」に基づき、利用者とその関係者に関する個人情報を適切に取り扱うものとする。
  5. この規程に定めるものの他、この事業所の運営に関する事項は、法人が定めるものとする。

附 則 この規程は、平成12年4月1日から施行する。
平成14年4月1日 一部改正
平成14年6月1日 一部改正
平成17年4月1日 一部改正
平成18年4月1日 一部改正
平成18年7月1日 一部改正
平成19年4月1日 一部改正
平成20年4月1日 一部改正

「訪問看護ステーションはくあい」介護予防訪問看護運営規程

(事業の目的)
第1条 社会福祉法人京都博愛会訪問看護ステーションはくあいが行う訪問看護の事業は、心身機能の軽度低下者が、その人の能力に応じて自立した日常生活を営むことができるように支援し、心身機能の維持回復と介護予防を目指し、医療保険各法(指定訪問看護)及び介護保険法の趣旨に従って支援することを目的とする。

(運営の方針)
第2条 運営の方針は、次に掲げるところによるものとする。

(1)訪問看護は、利用者の要介護状態の軽減若しくは悪化の防止又は要介護状態となることの予防に資するよう、療養上の目標を設定し、計画的に行うものとする。
(2)自らその提供する訪問看護の質の評価を行い、常にその改善を図るものとする。
(3)訪問看護の提供に当たっては、主治の医師との密接な連携及び訪問看護計画に基づき、利用者の心身の機能の維持回復を図るよう妥当適切に行う。
(4)訪問看護の提供に当たっては、懇切丁寧に行うことを旨とし、利用者又はその家族に対し、療養上の必要な事項について、理解しやすいように指導又は説明を行う。
(5)訪問看護の提供に当たっては、医学の進歩に対応し、適切な看護技術をもって行う。
(6)常に利用者の病状、心身の状況及びその置かれている環境等の的確な把握に努め、利用者又はその家族に対し、適切な相談及び助言を行う。

(事業所の名称及び所在地)
第3条 この事業所の名称及び所在地は、次のとおりとする。

(1)名 称 社会福祉法人京都博愛会 訪問看護ステーションはくあい
(2)所在地 京都市北区上賀茂ケシ山1

(従業者の職種、員数及び職務の内容)
第4条 この事業所に勤務する従業者の職種、員数及び職務の内容は、次のとおりとする。

(1)管理者 看護師 1名
(2)看護師 常勤5名(うち常勤1名は管理者と兼務) 看護職員は、訪問看護計画書及び訪問看護報告書を作成し、訪問看護の提供に当たる。

(営業日及び営業時間)
第5条 事業所の営業日及び営業時間は、次のとおりとする。

(1) 営業日 月曜日から土曜日までとする。 ただし、祝日、国民の休日及び12月30日から1月3日までを除く。
(2)営業時間 平 日 午前8時30分から午後5時までとする。
(ただし、途中1時間の休憩時間あり。)
土曜日 午前8時30分から午後12時30分までとする。
(3)電話等により、24時間常時対応が可能な体制とする。

(訪問看護の内容)
第6条 訪問看護の内容は、次のとおりとする。

(1)病状・障害の観察
(2)清拭・洗髪等による清潔の保持
(3)食事および排泄等日常生活の世話
(4)褥創の予防・処置
(5)リハビリテーション
(6)痴呆症患者の看護
(7)療養生活や介護方法の指導
(8)カテーテル等の管理
(9)その他医師の指示による医療処置
(10)緊急時訪問看護
(11)特別管理体制
(12)ターミナルケア体制

(通常の事業の実施地域)
第7条 通常の事業の実施地域は、京都市北区・左京区・上京区・中京区・下京区とする。

(利用料その他の費用の額)
第8条

  1. 指定訪問看護を提供した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとする。介護保険法に基づく訪問看護を提供した場合の利用料の額は、介護報酬告示上の額とする。ただし、介護保険支給限度額を超えての利用料は、10割負担となる。
  2. 交通費については、介護保険法における訪問では原則無料とする。

(緊急時等における対応方法)
第9条

  1. 従事者は、訪問看護を実施中に、利用者の病状に急変、その他緊急事態が生じたときは、必要に応じて臨時応急の手当を行うとともに、速やかに主治医に連絡し、適切な処置を行うこととする。
  2. 従事者が前項についてしかるべき処置をした場合は、すみやかに管理者及び主治医に報告する。

(その他運営に関する重要事項)
第10条

  1. 社会的使命を十分認識し、職員の資質向上を図るため研究・研修の機会を設け、また業務体制を整備する。
  2. 従業者は正当な理由なく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らしてはならない。
  3. 従業者であった者が、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用者又はその家族の秘密を漏らすことがないよう、従業者でなくなった後においてもこれらの者の秘密を保持するべき旨を従業者との雇用契約の内容とする。
  4. 個人情報の取り扱いについては、京都博愛会病院のプライバシー保護に関する基本理念に従い、京都博愛会病院「院内規則」及び「個人情報の保護に関する法律」、「同施行令」、厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」に基づき、利用者とその関係者に関する個人情報を適切に取り扱うものとする。
  5. この規程に定めるもののほか、この事業所の運営に関する事項は、法人が定めるものとする。

附 則
この規程は、平成18年4月1日から施行する。
平成18年7月1日 一部改正
平成19年4月1日 一部改正
平成20年4月1日 一部改正